葬儀にかかる費用 | 遺品整理で想い出整理|葬儀は故人に合ったスタイルで

遺品整理で想い出整理|葬儀は故人に合ったスタイルで

葬儀にかかる費用

葬儀を行う場合葬儀費用がかかります。葬儀会社に支払う「基本プラン」の費用が葬儀費用の大きな割合を占めます。基本プランは予算や規模別に分けれていて、一番リーズナブルで人気な「直葬プラン」が150,000円〜の料金に設定されています。その次に人気なのが「家族葬プラン」で、200,000円ぐらいからできます。従来からあるタイプの「一般葬プラン」は1,000,000円前後が平均的な料金です。 基本プランには祭壇の料金、棺、枕飾り、ドライアイス、遺影、骨壺、寝台車、手続き代行代などが含まれています。斎場使用料が含まれている場合と含まれていない場合があり、含まれていない場合は別に料金を支払う必要があります。

今の日本では火葬をするのが当たり前になっていますが、火葬が始まったのは仏教が入ってきた6世紀半ばごろからと言われています。火葬が徐々に普及しだしたのは平安時代になってからで、その頃から天皇や貴族が火葬をしだしたことにより、一般にも普及していきました。 室町時代になると仏教に沿った仏式葬儀も一般大衆に広まっていき、火葬をして遺骨を骨壺に入れて埋葬するというスタイルもこの頃にはすでに行われていたそうです。 時は流れて明治時代になると火葬が禁止されたことがありました。しかし、伝染病が流行ったことや土地不足などの関係から火葬がまったくなくなることはありませんでした。 そして今では東京では100%の人が火葬によって埋葬されています。